〒164-0001 東京都中野区中野2-25-3 03-3384-2822

東京都 中野区 歯科 小児歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 インプラント

当院のご案内

青木歯科クリニック 歯科 小児歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 インプラント 電話番号03-3384-2822 土曜午後13:30~17:00 火曜午後19:00までの診療 16:30~17:00は休憩時間 休診日は木曜、日曜、祝日

青木歯科クリニック 3つの診療理念

  • 歯科治療を通じて、患者様の全身の健康の向上に努めます。
  • 患者様がリラックスし、安心して治療が受けられるようスタッフ一同努力致します。
  • 小さなお子様からお年寄りの方まで笑顔で帰っていただけるようなクリニック作りに励みます。

診療科目

歯科,小児歯科,歯科口腔外科,インプラント,かみ合わせ外来

診療時間

診療時間 日祝
10:00~12:30
14:00~16:30
17:00~20:00

●:土曜日は13:30~17:00 △:19:00までの診療になります。
※16:30~17:00は休憩時間です。
【休診日】木曜・日曜・祝日

院内・診療設備

当院は、バリアフリー設計になっておりますので、通常の車椅子(電動式は不可)でしたら、車椅子に座ったまま治療ユニットまでご案内できます。

外観

受付

診療室

診療室

医院設備

1.ポイックウォーター(タンパク分解型除菌水)

『ポイックウォーター』は、お口の中の歯垢やタンパク汚れなど、落ちにくい汚れを短時間で分解洗浄・除菌殺菌までしてくれます。
強い薬品を使えば、細菌を殺すことはできますが、お口の粘膜や歯茎まで傷つけたり、傷めてしまいます。
ところが、純粋な塩と水から作り出されたこの『ポイックウォーター』は、体に優しく、安全にお口の中を殺菌してくれます。
ブラッシング前に『ポイックウォーター』でうがいをすることで、歯の表面のバイオフィルムやその他のタンパク汚れが分解され、よりブラッシング効果を引き出すことができます。

また、当院ではこのポイックウォーターを治療にも取り入れることで、刺激性の高い薬剤を極力使わず、治療後の痛みや腫れ、感染のリスクを大きく減少させることができるようになりました。

※当院では、歯科医師の診断のもと、ホームケアに『ポイックウォーター』をお勧めしております。 正しく効果的に使用していただくために、処方の際、確認と同意書の記入をお願いしております。

2.口腔外バキューム

入れ歯や歯を削ったときに出る粉塵は、目に見えないほど微細なものです。
それは治療中に空気を汚染し、知らず知らずのうちに肺に取り込まれ、次第に沈着して人体に悪影響を及ぼします。
この口腔外バキュームは、口腔外に漏れる有害な浮遊粉塵をすばやくキャッチし吸引します。
口腔外バキュームは、患者様の健康を守り、医院全体の環境を清潔に保ちます。

3.電動注射器

麻酔注射が痛いのは針を刺す時よりも、麻酔液を注入する時です。
麻酔液を注入する際に注入する速度が速すぎたり、麻酔液が冷たかったりすると痛みを感じやすくなりますが、電動注射器を使用すると麻酔液の注入速度を一定に保ったり、麻酔液を人肌程度の温度に保ったりすることができるので、麻酔時の痛みが軽減されます。
当院では、この電動注射器オーラスターを導入しています。

4.デジタルパノラマX線装置

当院ではデジタル式のX線(レントゲン)撮影装置を導入しています。
これにより、撮影時間は、たったの7秒間に短縮され、フィルム式の装置に比べて被ばく量が約4分の1まで減少させることができました。部分撮影であれば、約10分の1まで減少できます。必要な分析を、安全な装置で行うことができます。そして、デジタル化された画像は、劣化することなく、、貴重な患者様の医療情報を半永久的に保存、維持することが可能です。

5.超音波噴霧器(ポイックウォーター使用)

当院では、治療にポイックウォーター(タンパク分解型除菌水)を使用しています。
この超音波噴霧機は、そのポイックウォーターを霧状に空気中に散布することによって、空気を除菌し、清潔に保つ装置です。
手軽に使える市販の除菌スプレーボトルの粒子径は約10~20ミクロン。粒が大きいので空中に散布しても、遠くに飛ぶ前に下に落下してしまいます。

でもこの装置は、超音波の力で次亜塩素酸水を約4~5ミクロンの超微粒子にして室内に優しく、そして効率よく噴霧します。噴霧した霧はすぐに見えなくなってしまいますが、成分は落下しないので遠くまで風に乗ってお部屋の隅々まで行き渡って空気を除菌します。
医院内の空気は常に清潔に保たれるようになっています。

6.歯髄電気診断機

時として、歯の神経が健康であるかどうかの判断が、症状や外見、X線写真からでも判断が難しい場合があります。
そんなときに、力を発揮してくれるのが、この装置です。
歯を傷つけることなく、神経の状態を調べることができるので、より正確で精密な診断が可能となります。

Page Topへ戻る