〒164-0001 東京都中野区中野2-25-3 03-3384-2822

東京都 中野区 歯科 小児歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 インプラント

歯周病(ぺリオ)

青木歯科クリニック 歯科 小児歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 インプラント 電話番号03-3384-2822 土曜午後13:30~17:00 火曜午後19:00までの診療 16:30~17:00は休憩時間 休診日は木曜、日曜、祝日

歯周病(ペリオ)は慢性の病気です。

日本人が歯を失う原因の40%が歯周病(ペリオ)といわれています。
意外と知られていないのですが、高血圧や糖尿病と同じ『慢性の病気』です。

軽度から中等度までは、痛みや自覚症状がないまま、どんどん進行してしまいます。
痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ありません。
これが慢性の病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。

歯周病(ペリオ)は、全身の健康と深い関わりがあります。

(『歯周』というからには、歯の周りの病気なのだろう・・・。)

そう思われている方が多いかと思います。
ちょっと前までは、それで良かったのですが、最新の医療ではそうではないのです。
当院では歯周病を『ペリオ』と呼んでいます。『ペリオ』は全身に悪影響を及ぼします。
近年、『ペリオ』は、高血圧や糖尿病を悪化させたり、動脈硬化による狭心症や脳梗塞の原因因子になることがわかってきました。
さらに、リウマチなどの、一見、『ペリオ』とは関係ないように思われるような慢性の病気にも、深く関わっていることが分かってきています。
『ペリオ』を治すことで、全身の健康状態を向上させる。
これが、当院の治療方針です。

歯周病とはどんな病気?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が溜まってしまい(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

治療方法は?

1.予防治療(メインテナンス)

メインテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3~6ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。
詳しくは「予防歯科」のページをご覧下さい。

2.基本治療

歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯のかみ合わせの調整などです。

3.外科治療

基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
エムドゲイン治療はここに分類されます。

臨床歯周病学会推奨!!歯周病セルフチェック

朝起きたとき、口の中がネバネバする。

ブラッシング時に出血する。

口臭が気になる。

歯肉がむずがゆい、痛い。

歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)

かたい物が噛みにくい。

歯が長くなったような気がする。

前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

【3つあてはまる】油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
【6つあてはまる】歯周病が進行している可能性があります。
【全てあてはまる】歯周病の症状がかなり進んでいます。

治療のご案内

POICペリオ治療(自費治療)

当院では、ポイックウォーターを活用した、画期的なペリオ治療を行っております。
超音波とPOICウォーターの力で、歯周ポケット内のペリオ原因菌を瞬間的に殺菌しながら清掃していきます。
この治療を短期間に集中的に繰り返すことで、簡単な歯周外科治療とほぼ同様の効果を期待できます。
『歯周病(ペリオ)は治したいが、大がかりな外科手術は怖くて・・・。』という方には最適です。
患者様の精神的、肉体的な負担が著しく軽減させる安心、安全な治療法です。

こちらのページで詳しく説明しております。

エムドゲイン治療(自費治療)

歯周病で失われた骨は、二度と再生しないのでしょうか?
もう一度歯を支えるための骨を再生できたら?
できます。それがエムドゲイン治療(再生療法)です。

エムドゲイン法とは?

エムドゲインとは、ブタ歯胚組織使用歯周組織再生材料であり、歯周ポケットが6mm以上の歯周炎に使用する薬のことです。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若ブタの歯胚から抽出精製したもので世界44ヵ国以上で使用されています。歯の根の部分にある膜(歯根膜)の再生能力を利用して、骨を再生していきます。

当院では、日本歯周病学会理事であり、日本臨床歯周病学会理事を兼任もされていた船越栄次先生の全研修(ベーシック・マスター・インプラントコース)を修了しておりますので、正しい術式での治療が可能です。
また、エムドゲインが日本で注目され始めて以来、11年間治療に応用しております。

  • 診断 歯周炎によって、骨が溶けてしまった部位を診査します。
  • 麻酔後、歯肉の溝に合わせて切開を入れます。
  • 丁寧に歯茎を剥離して病巣がよく見えるようにします。
  • 歯石や感染した歯質を除去していきます。
  • 病巣を顕微鏡レベルで綺麗にした後、エムドゲインを塗布します。
  • 歯肉を戻し縫合します。治療中は麻酔が効いていますし、治療後も痛みはほとんどありません。
Page Topへ戻る